埼玉県立大学

昨年4月に開学20周年を迎えた埼玉県立大学。県議会への向かう途中に県立大学の横を通るため日頃から目にはしていたのですが、初訪問となりました。県議団で視察です。
概要説明に続いて施設内を見学。県立大学と言えば、一面ガラス張り先進的な建物となっています。東京に近いということで、CMや誰もが知っているドラマ撮影などに頻繁に使用されているとのこと、事務棟玄関を入った所の壁には出演した俳優のサインが掲示されていました。
見学後、田中滋理事長「地域包括ケアシステム」についてのご講演を拝聴しました。田中理事長は地域包括ケアの第一人者、育ての親と言われている方です。示唆に富む講演に大変勉強になりました。
高齢は普遍的なもの。それを支えるのが地域包括ケアシステム。住民にとって住み慣れた地域にできる限りずっと住み続けられること。これまでシステムって聞くと、なかなか分かりにくかったのですが要はそれぞれの地域、地域に合った受け皿づくり。
本県はこれから全国一急速に高齢化を迎えます。そのためにも地域包括ケアの受け皿づくり、元気な高齢者の方々が引き続き地域において色々な場面で活動がしやすい地域共生社会づくりが大変大事になってくると。今後の議員活動、県政に生かしていまいります。(写真撮影者は萩原議員と深谷議員。たくさん撮影していただきました🙇‍♂️)