埼玉県議会議員

ごんもり幸男 Official Site

(東7区春日部市選出)



5月のご挨拶

撮影:ごんもり幸男(4/30)
撮影:ごんもり幸男(4/30)

日頃より力強いご支援と温かなご声援に心から感謝と御礼を申し上げます。 

 

全世界、国内に拡大を続ける新型コロナウイルス感染症。未だに終息が見通せていません。

 

緊急事態宣言以降、県民の皆様には感染拡大防止のため不要不急の外出自粛や営業自粛の要請より大変なご不便をおかけしていますとともに、多大なるご理解とご協力に

心から感謝と御礼を申し上げます。 

 

埼玉県議会令和2年4月臨時会が4/30(木)開かれ、新型コロナ感染防止対策、検査・医療提供体制の強化、県内事業者に対する経済支援を行うための補正予算511億781万円が可決成立しました。 …[続きを読む]


ごんもりが直接投稿!SNSご登録下さい(※タップするとごんもりのSNSへ移動)

友だち追加

LINE@はじめました!
ぜひ登録してください。



新型コロナウイルス関連

埼玉県議会公明党オンラインニュース

埼玉県が取り組む新型コロナウイルス「感染防止対策」「経済対策」。その取り組みを紹介する県議会公明党の「オンラインニュース」。今後も随時配信!! 穏やかな日を取り戻せるよう、その時まで全力で取り組みます!…[バックナンバーはコチラ]



新型コロナウイルス(事業支援)

令和2年4月13日に経済産業省から持続化給付金に関して詳細が公開されました。

事業全般に広く使える給付金

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。
なお、令和2年度補正予算案の成立を前提としているため、制度の具体的な内容や条件については現在検討中です。詳細が決まり次第公表させていただきます。(経産省HPより引用)


続きを読む

春日部駅連立

埼玉県鉄道高架建設事務所HPへリンク

春日部市鉄道高架整備課のページへリンク



↓↓↓ここからSNS等で更新した最新情報ブログです↓↓↓


新型コロナウイルス感染症に関する要望

埼玉県議会は5/20(水)、各会派から要望を取りまとめ大野知事に提出しました。

緊急事態宣言が今月末まで延長されています。連日大変なご不便、ご心配をお掛けしています。また、長期にわたる不要不急の自粛要請に対する多大なご理解とご協力で感染者が大幅に減少しました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の状況は日々刻々と変化しており、県議会として知事への要望は断続的に行っています。

※掲載写真は2/20に行った要望時のものを流用しています。

公明党議員団が5/20に行った要望は以下の4項目です。

1、 介護施設、障害者施設に対する支援を下記の通り強化すること。
・入所施設内で陽性者が発生した場合、感染拡大防止対策ならびに医療スタッフや介護人材の補強について、県がリーダーシップをとること。
・施設内感染を防ぐため、感染の疑いがある職員や介助者については、PCR検査を優先的に受けられるようにすること。
・陽性者を受け入れている施設及び従事者に対して、医療機関に準じた協力金や手当などの支援を行うこと。
・訪問介護では濃厚接触者への対応もあり得る。必要な防護資器材を供給すること。
・利用者が減少している小規模事業者に対する経営面の支援を行うこと。
・人材不足が深刻化している。潜在有資格者の新規就労を促すために就職準備金を増額すること。

2、 内定を取り消された新卒者や家計が急変した学生などを支援するため、県として短期の非正規職員を早急に募集すること。

3、 現在、休止している運転免許証の更新および認知機能検査、高齢者講習につていは、再開後の混乱を回避する対策をおこなうこと。

4、 新型コロナウイルスの影響で減収となった文化芸術関係者に対する支援金給付を検討すること。

持続化給付金

持続化給付金の手続きする春日部会場(会場コード1105)が5/22(金)、春日部商工会議所に開設されます。完全予約制

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。
https://counter.jizokuka-kyufu.jp/JK-180

臨時議会

皆様には連日連夜ご心配やご不便、ご迷惑をお掛けしています。長期にわたる自粛要請に多大なご理解ご協力をいただき誠に有難うございます🙇‍♂️

 

春日部市議会臨時議会が5/22(金)10時に開会と伺っています。補正予算案には新型コロナウイルス感染症緊急対応として約12億円が計上されました。補正予算案は市から臨時議会に提出され審議される予定です。

 


https://www.city.kasukabe.lg.jp/oshirase/kinkyutaio.html?fbclid=IwAR10r7HQWnIValr2nD45D5APXm7uYMUwQO6e1ObLhzPVGQpuflOKz6whwJE

春日部駅連続交差事業に関して

埼玉県は4/1、国が昨年12/17事業認可を告示した春日部駅付近連続立体交差事業の推進を図るため、春日部市役所第二別館2階に「鉄道高架建設事務所」を開設しました。市から派遣された職員と一体となって力強く事業を推進します。

 

そして、この度、県のホームページに「鉄道高架建設事務所」ページが出来ました。

 

https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b1016/index.html?fbclid=IwAR1B8aDC8uIDiipKIiodZd4SQF6ACVr8rbGt_2803gr_gQYBAz3KhpJ3PhE

検察庁法改正案について

検察庁法改正案/検察官の定年引き上げ/浜地雅一党法務部会長に聞く 2020年05月14日付 #公明新聞電子版

新型コロナウイルスに関する要望

埼玉県議会は5/11(月)、各各派から要望を取りまとめ大野知事に提出しました。

 

緊急事態宣言が今月末まで延長されました。連日大変なご不便をお掛けしています。また、この間の不要不急の自粛要請に対するご協力で感染者数が減少しつつあります。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の状況は日々変化しており知事への要望は断続的に行っています。

 

※掲載写真は2/20に行った要望時のものを流用、ご了承願います。

 

公明党議員団が本日行った要望は以下の4項目です。

 

・県として学校や公共施設、自粛要請した企業等の再開条件について目標を明確にし、県民にわかりやすく発信すること。

 

・軽症者を受け入れているホテルについて受入れ数、空室数を随時県ホームページなどで発信すること。

 

・社会福祉協議会の緊急小口資金については、据え置き期間が2年であったり、未成年は対象外、住民票が県内にないと対象外など学生にとってハードルが高い。生活に困っている学生が使えるように柔軟な運用を行うこと。

 

・埼玉県お持ち帰りグルメ応援サイトのさらなる周知を図るとともに、新たにデリバリーやテイクアウトに参入する飲食店などへ支援すること。

臨時会

埼玉県令和2年4月臨時会が21時30分過ぎに閉会。県議会や公明党議員団がこれまで要望した新型コロナウイルス感染防止対策や検査・医療提供体制の強化、県内事業者に対する経済支援など多数盛り込まれた補正予算案が全会一致で可決成立しました。

とは言え、県民の皆様にご安心していただくためにも、県が目標としている軽症者や無症状者受け入れるホテルの確保や医療従事者が使用する医療具の確保、PCRセンター23か所設置できるまでみていかなければなりません。

また、埼玉県中小企業・個人事業主支援金に対する付帯決議も可決しました。https://www.pref.saitama.lg.jp/a0801/koronashien.html

穏やかな日を取り戻せるその日まで全力で取り組みます!

YouTube チャンネル登録

 

YouTubeに投稿を始めさせていただいております「埼玉県議会公明党 オンラインニュース」添付したURLにアクセスしていただき、是非とも、右下にある「チャンネル登録」をお願いします。https://youtu.be/D21SBcWpVtE

加えて、友人知人などの方にも「チャンネル登録」のご協力をお願いします。お手数をお掛け致します🙇‍♂️

埼玉県営公園

緊急事態措置期間の中、連日ご心配とご不便をお掛けしています。埼玉県は4/25(土)〜5/6(水)まで県営公園内駐車場と遊具の閉鎖及び休止を行います。感染拡大防止のため多大なるご理解ご協力お願い申し上げます🙇‍♂️

 

ただし、公園内を歩くなどの利用を制限するものではありません。

臨時会

本日4/24(金)14:00に埼玉県議会議会運営委員会が行われました。令和2年4月臨時会が4/30(木)10時に開かれる予定です。

臨時会予算案の概要にもあるように、県は国の緊急経済対策に迅速に対応し、新型コロナウイルス感染症拡大の終息などを図るため、感染拡大防止や医療提供体制の整備に要する経費に予備措置を講じるとともに、県内事業者等への支援に要する経費について補正予算を編成しました。予算案は一般会計511億781万円。企業会計(地域整備事業)100億円。
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/news/page/2020/0424-05.html
中でも2点についてだけお伝えします。

①医療提供体制の強化として「軽症者等を受け入れる宿泊療養施設の確保」約60億4000万円。県議会としても提案した血液中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」を宿泊療養者分を確保予定。

②事業継続に困っている中小・小規模事業者への支援として「休業した中小企業・個人事業主への支援金等の支給」121億円。まだ県ホームページには詳しく掲載されていませんが、サイトのURLをご確認願います。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0801/koronashien.html

新型コロナウイルスに関する緊急要望

 

公明党埼玉県本部として4/21(火)、大野知事に「新型コロナウイルス感染症の検査・入院治療体制の整備に関する緊急要望」を行いました。

要望は以下、5項目です。

・PCR検査センターの設置

・保健所業務の負担軽減

・入院治療を担う医療機関への補助拡充

・医療従事者への支援の拡充

・感染者の入院病床の拡充と無症状者のための宿泊施設の拡充

新型コロナウイルスに関する要望

 

埼玉県議会は4/17(金)、大野知事に各会派からの要望を取りまとめ提出しました。

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況は刻一刻と変化しています。知事への要望は断続的に行っています。来週も行う予定です。

 

※ご了承願います。掲載写真は2/20のものを流用しています。

 

公明党議員団が本日行った要望は以下の2項目です。

 

・新型コロナウィルス対応として、就労継続支援A型・B型事業所において、在宅でのサービス利用が可能である旨の厚労省通知が既に発信されているが、市町村ごとに運用基準が異なっているとの指摘が寄せられている。ついては、「柔軟な取り扱いをして差し支えない」(3月9日付通知の留意事項)の趣旨を市町村に周知徹底し、できる限り簡素な手続きで在宅サービスが利用できるようにすること。

 

・県が実施している雇用調整助成金の緊急相談会を拡充していくこと。

0 コメント

新型コロナウイルスに関する要望

埼玉県議会は4/16(木)、各会派からの要望を取りまとめ、大野知事に提出しました。

 

新型コロナウイルス感染拡大の状況は刻一刻と変化しています。知事への要望は断続的に行います。

 

※ご了承願います。掲載した写真は2/20のものを流用しています。

 

公明党議員団が今回行った要望は以下の3項目です。

 

・休業協力金については、東京都に次いで神奈川県も休業要請事業者に対する協力金の支給を決めた。公明党の山口代表も14日の記者会見で、緊急事態宣言の対象になった自治体が国の臨時交付金を活用して協力金を財政措置できるように交付金の配分を明確にすべきだ、と述べた。こうした状況に鑑み、本県においても休業要請をした事業所に対する協力金の支給を早急に検討すること。

 

・ネットカフェ休業による住居喪失者への対応として、上尾市の総合スポーツセンターの受け入れ実施を評価する。ついては、対象者への周知徹底と女性への配慮を行うこと。合わせて、近隣住民から不安の声が寄せられているので、対応窓口を設置して不安解消に努めること。

 

・PCR検査については、医師が行うべきと判断した場合、保健所は速やかに検査を行うよう再度強く求める。検体を運ぶ作業は 保健所職員ではなく、民間検査機関の協力を求め、スピードアップすること。

0 コメント

緊急要望

公明党議員団は4/6(月)大野知事(緊急だったため代理で副知事)に「新型コロナウイルスに関する緊急要望」を行いました。

 

[要望内容は8項目]

 

・保健所の体制強化

・軽症者用の宿泊施設の確保

・電話再診の促進

・県民サポートセンターの対応

・学校再開は慎重に

・給食事業者の支援

・建設業の支援

・手話通訳

 

中でも私の元に多くのお声をいただいていた学校再開について盛り込みました。

続きを読む

用地交渉がスタート

 

 

いよいよ用地交渉及び用地取得がスタートします。

 

先日3/27(金)に閉会した埼玉県議会令和2年2月定例会では新年度の予算案を審議する予算特別委員会として公明党会派を代表し保健医療部、産業労働部、県土・都市整備部関係の4部局について質疑を行い、質疑の中で20億6000万円が予算化された「春日部駅付近連続立体交差事業」のこれからの手順について確認しました。

 

この事業の本格化に合わせ4/1(水)から「鉄道高架建設事務所」が春日部市役所第2別館内に設置され県職員10名、市職員6名の総勢16名が配置されました。工事着工を目指しいよいよ用地交渉取得がスタートします。

 

春日部市内のご家庭に配布されている広報かすかべ2020年4月号No.176の9ページです。

2月定例会閉会

さきほど本会議が散会し、令和2年埼玉県議会2月定例会が閉会。

今定例では新型コロナウイルス感染症対策に関する要望や新年度予算案を審議する予算特別委員会に委員として出席するなど毎日が目まぐるしかったです。

また、今年度は議会運営委員会として開会中は緊張の連続ではありましたが、何とか役目を終えることが出来ました💦

閉会日の本日は新年度に向け委員会の所属変更も行い常任委員会は県土都市整備委員会から環境農林委員会へ。各委員からご推挙をいただき副委員長に就任致しました。特別委員会はこれまでの少子・高齢福祉社会対策特別委員会から経済・雇用対策特別委員会へ。

未だに新型コロナウイルス感染拡大が続いており予断を許しません。緊張感を持ち続けます。平穏な日々が取り戻せるよう1日も早い終息をご祈念します。

続きを読む

予特②

埼玉県議会予算特別委員会は本日3/16(月)も行われました。部局ごとの質疑は5日目。私が担当する部局の質疑は本日で最後。午前に県土都市整備部関係・持ち時間は今回も14分間です。

県土整備部で3点
鉄道高架で踏切ゼロ!の推進、市街地の強靭化のための無電柱化の推進、緊急浚渫推進について

都市整備部で1点
営繕費について

特にお知らせしたいのが、鉄道高架で踏切ゼロ!の推進についてです。

いわゆる春日部駅付近の連続立体交差事業は昨年末に念願の都市計画事業認可を取得し、いよいよ本格的に事業が開始となります。

本事業は事業認可から最短12年間での完了を目指していますが、春日部市民にとって悲願の事業。地元からは早期完成、1日も早い完成を望む声を多数頂いております。

総事業費約650億円。負担割合は県と市がそれぞれ約115億円、国が約280億円、東武鉄道が約140億円となっています。例を申し上げると、予算規模は東京スカイツリー同規模、県政における令和時代の大事業であり、埼玉県東部発展には欠かすことが出来ません。

来年度は20億6000万円が予算化されようやく用地交渉・用地買収が始まる予定です。
用地買収を進めるに当たっては多くの地権者の方々に多大なご理解とご協力をお願いすることになります。

私から県には工事着工のスタートを左右する、これから始まる特に大事な用地取得交渉におていは丁寧な対応を求めました。

続きを読む

予特

 

埼玉県議会予算特別員会(予特)が3/10(火)より連日各部局ごとの審査を行なっています。本日3/13(金)初登場。審査の持ち時間は14分間。

審査した部局は午前が保健医療部関係・新型コロナウイルス感染症対策事業費、健康長寿埼玉プロジェクトの更なる推進について

午後は産業労働部関係・若者人材の県内企業への就職支援、障害者雇用の推進、企業誘致の推進について
https://www.pref.saitama.lg.jp/…/gikai-ga…/r0202-yotoku.html

県民サポートセンター

埼玉県が3/1(日)に開設した「新型コロナウイルス感染症」に関する24時間相談窓口。連絡先は0570783770

24時間受け付けします。※3/1(日)〜4(水)の21:00〜翌9:00までの時間帯は♯7119にお願いします🙇‍♂️

感染症の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応などにお答えします。

今後更に増えることが予想されるご相談に応じるため3/10(火)から8回線へ倍増します。この回線増設は公明党議員団が強く要望したことよるものです。

www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0228-88.html

電話相談窓口

埼玉県は学校の臨時休校に伴う電話相談窓口を設置します。開設期間は明日2/29(土)〜来月3/15(日)まで

※必要に応じて延長もします。

新型コロナ対策で要望

公明新聞7面に掲載されました。

#公明新聞電子版

緊急要望

埼玉県公明党議員団は開会日の本日2/20(木)14:00、知事に「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望書」を提出し、現在まで協議を重ねてきた対策会議を対策本部に格上げすること。今後の増加が見込まれる電話相談の体制を強化すること。万全な検査・治療体制の構築を進めることなど11項目の対策について申し入れを行いました。

【知事メッセージ】
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0…/top-news/nw2020022001.html

続きを読む

定例県議会

2月定例県議会の開会日を迎えました。予算特別委員会を含め来月末までの県議会が始まります。このあと9:30~議会運営委員会、10:00〜本会議の予定です。

サポカー補助金

サポカー補助金についてです。

https://www.pref.saitama.lg.jp/…/safety-a…/sapocar-hojo.html

http://www.cev-pc.or.jp/kokuchi.html

#公明新聞電子版

埼玉県予算案

県は令和2年度予算(案)を発表しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000534-san-pol

県は私立学校父母負担軽減事業として、年収約609万円未満世帯(多子世帯は年収約720万円未満まで)に対する補助を実施しています。高等学校は全国トップレベルの補助額(県内平均37万8千円)です。

公明党議員団はこれらのさらなる引き上げを求めて知事に「私立高校父母負担軽減に関する要望書」を手渡していました。

要望内容は3点です。

①実質無償化の対象を年収720万円未満程度まで拡大すること。

②現在、年収720万円未満まで実質無償化となっている多子世帯についてはさらなる対象拡大を行うこと。

③これまで県単独の支援から外れていた県外私立高校や通信制高校に通う世帯に対しても支援を行うこと。