埼玉県議会議員

ごんもり幸男 Official Site

(東7区春日部市選出)



10月のご挨拶

日頃より力強いご支援と温かなご声援に心から感謝と御礼を申し上げます。

 

皆さまには連日ご心配をお掛けしております。これまでの間、市民・県民の皆様、医療従事者、保育や障害者・高齢者福祉、廃棄物処理や物流関係者など「社会インフラ」を支えてくださっている皆様の多大なご理解とご協力に心から感謝と御礼を申し上げます。誠に有難うございます。

 

さて、秋に入りました。これから冬にかけてインフルエンザが流行します。埼玉県では県内市町村が実施しているインフルエンザワクチン定期予防接種の自己負担額を補助することとしました。インフルエンザが流行する前にできるだけ早めにワクチンを接種をお願いします。

対象者は(予防接種法に基づく定期予防接種対象者)

・65歳以上の方

・60~64歳で心臓、腎臓や呼吸器の機能に障がいがあり、身辺の日常生活が極度に制限される方

・60~64歳でヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいがあり、日常生活がほとんど不可能な方

補助対象期間は10月~12月のワクチン接種分※1月以降に接種した場合には1,500円の自己負担がかかる場合があります。

 

市町村予防接種担当課の連絡先(一覧)はこちら

  

今後も緊張感を持って医療提供体制強化や感染拡大防止に取り組んでまいります。

引き続き、感染拡大を予防するための「新しい生活様式」にご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

私ごんもり幸男は、安穏な日々が戻るその時まで全力で取り組みます。

 

また今後、新型コロナウィルスの情報で皆さまにお伝えすることがありましたら、本ホームページ、Facebook、LINE、メルマガなどで配信いたします。

 

令和2年12月定例県議会の会期予定は、11/30(月)~12/18(金)の日程で調整中です。正式な会期予定は議会運営委員会で決定されます。

令和2年10

埼玉県議会議員   


ごんもりが直接投稿!SNSご登録下さい(※タップするとごんもりのSNSへ移動)

友だち追加

LINE@はじめました!
ぜひ登録してください。



新型コロナウイルス関連

埼玉県議会公明党オンラインニュース

埼玉県が取り組む新型コロナウイルス「感染防止対策」「経済対策」。その取り組みを紹介する県議会公明党の「オンラインニュース」。今後も随時配信!! 穏やかな日を取り戻せるよう、その時まで全力で取り組みます!…[バックナンバーはコチラ]



新型コロナウイルス(事業支援)

令和2年4月13日に経済産業省から持続化給付金に関して詳細が公開されました。

事業全般に広く使える給付金

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。
なお、令和2年度補正予算案の成立を前提としているため、制度の具体的な内容や条件については現在検討中です。詳細が決まり次第公表させていただきます。(経産省HPより引用)


続きを読む

春日部駅連立

埼玉県鉄道高架建設事務所HPへリンク

春日部市鉄道高架整備課のページへリンク



↓↓↓ここからSNS等で更新した最新情報ブログです↓↓↓


県予算要望

9月定例県議会閉会日の10/14(水)に行った、令和3年度予算要望の模様が掲載されました。

県本部大会

第13回公明党埼玉県本部大会がさいたま市文化センターで開催。

西田まこと県代表の下、県本部所属議員が新たに出発しました。私は県幹事に再任され重責に身の引き締まる思いでいっぱいです。春日部総支部議員と一致団結し全力で職責を果たしてまいります。

来賓として自由民主党埼玉県支部連合会会長・柴山昌彦衆議院議員に花を添えていただきました。公務ご多忙の中、誠に有難うございました。

続きを読む

県議会閉会

本日9月定例県議会が閉会。午前の本会議では環境農林委員会の報告を行い、公明党議員団は閉会後、知事に令和3年度県予算編成に対する286項目の要望・施策と春日部市などの地域要望、県内各種団体からの要望を手渡しました。

議員団で取りまとめた286項目のうち、特出しした重点要望として、新型コロナウイルス感染症対策の強化や地域包括ケアシステムの充実発展と地域共生社会の推進など17項目としました。

以下、286項目の要望タイトルと17の重点要望です。

①新型コロナウイルス感染症対策の強化

②防災・減災対策の強化と県土強靭化

③行財政改革の推進

④県民本位の公共事業

⑤安全・安心な彩の国づくり

⑥福祉・医療・障がい者施策の充実

⑦教育立県の構築

⑧経済・雇用対策の充実すい

⑨農林水産業対策

⑩環境優先の彩の国づくり

⑪心豊かな彩の国づくり

⑫「スポーツ王国・埼玉」の推進

⑬交通ネットワークの整備推進

続きを読む

東埼玉道路

「東埼玉道路建設促進期成同盟会」と「国道4号東埼玉道路・建設促進連絡協議会」から県議会議長・議連あてに要望活動が10/13(火)11:00~議事堂内で行われ同席させていただきました。

同盟会会長の春日部市長、連絡協議会会長の越谷商工会議所会頭から要望者代表挨拶、その後、要望内容の説明、要望書提出と続きました。 東埼玉道路は八潮市(外環道)を起点に春日部市庄和インター(国道16号)までの延長約17.6kmの道路です。国道4号の交通渋滞の緩和や

東埼玉道路沿線の開発事業の支援、災害時の代替路確保などに寄与します。自動車専用部と一般部(国道4号バイパス)が併設する構造となっており、すでに一般部は起点から吉川市川藤まで5.7kmが開通しています。また、自動車専用部が八潮市から松伏町田島まで事業化されました。

議連のメンバーの一人として、一般道・専用道路が1日も早く完成することをあと押しします。

続きを読む

議会中継・放送のご案内

お陰様で一般質問終わりました。ダイジェスト版ですが、埼玉県議会9月定例議会中継・放送のご案内です。10/12(月)20:00~21:00、私の登場は概ね20:15以降の17~18分程度です。ぜひ、ご覧ください。

※新型コロナウイルス「新しい生活様式」を踏まえ議事堂演壇にアクリル板が設置されました。

続きを読む

埼玉県議会令和2年9月定例会

10/5(月)13:00〜県議会一般質問を行います。

https://www.pref.saitama.lg.jp/e1601/gikai-gaiyou/r02...

公明新聞に掲載

9/24付け公明新聞に記事が掲載されました。

停止線を引き直し事故の危険を解消/埼玉・白岡市 #公明新聞電子版

埼玉県立大学

昨年4月に開学20周年を迎えた埼玉県立大学。県議会への向かう途中に県立大学の横を通るため日頃から目にはしていたのですが、初訪問となりました。県議団で視察です。

概要説明に続いて施設内を見学。県立大学と言えば、一面ガラス張り先進的な建物となっています。東京に近いということで、CMや誰もが知っているドラマ撮影などに頻繁に使用されているとのこと、事務棟玄関を入った所の壁には出演した俳優のサインが掲示されていました。

見学後、田中滋理事長「地域包括ケアシステム」についてのご講演を拝聴しました。田中理事長は地域包括ケアの第一人者、育ての親と言われている方です。示唆に富む講演に大変勉強になりました。

高齢は普遍的なもの。それを支えるのが地域包括ケアシステム。住民にとって住み慣れた地域にできる限りずっと住み続けられること。これまでシステムって聞くと、なかなか分かりにくかったのですが要はそれぞれの地域、地域に合った受け皿づくり。

本県はこれから全国一急速に高齢化を迎えます。そのためにも地域包括ケアの受け皿づくり、元気な高齢者の方々が引き続き地域において色々な場面で活動がしやすい地域共生社会づくりが大変大事になってくると。今後の議員活動、県政に生かしていまいります。(写真撮影者は萩原議員と深谷議員。たくさん撮影していただきました🙇‍♂️)

続きを読む

公明新聞掲載

8/20(木)付け公明新聞7面に横断歩道設置の模様が掲載されました。

#公明新聞電子版

首都圏外郭放水路

本日8/8(土)も国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所「首都圏外郭放水路」いわゆる「地下神殿」を見学する機会に恵まれました。地元の春日部にある、世界に誇る壮大な施設です。何度見てもスケールに圧倒されます。ここに来ないとこのスケール感は体験できません。是非とも見学にお越しください。

続きを読む

横断歩道新設

この度横断歩道が新設されました。本日7/31(金)現地に伺いピカピカに輝く真新しい横断歩道の白線を確認しました。これまで春日部市立中野小学校の通学路となっている場所に横断歩道の設置要望が出されており、春日部市の荒木ひろみ議員と連携しながら、埼玉県警察本部や市役所担当課に設置をあと押ししていました。

続きを読む

家賃支援

家賃支援についてです。国の「家賃支援給付金」

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

こちらの申込みは、7/14(火)から、

埼玉県の「中小企業・個人事業主等への家賃支援金」

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0802/yachinshien/index3.html#tenant

こちらの申込みは、後日発表となっています。県は、国の「家賃支援給付金」に上乗せします。

春日部市の「春日部市ビジネスサポート応援給付金(家賃支援分)」こちらの申込みは、国・県の受付開始から2週間程となっています。市は、国の「家賃支援給付金」県の「中小企業・個人事業主等への家賃支援金」に上乗せします。

埼玉県中小企業・個人事業主等への家賃支援

埼玉県家賃支援金の申し込みの詳細が7/10(金)発表されました。賃借人(テナント)に対する支援として、県は、国の「家賃支援給付金」に上乗せします。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0802/yachinshien/index3...d475Q

6月定例会閉会

6月定例県議会が7/3(金)閉会しました。事業規模1,592億円 の第5・6次補正予算が6月議会で成立。補正予算に盛り込まれた主な事業です。

 

・埼玉県中小企業・個人事業主等家賃支援の創設

・医療・介護従事者への支援慰労金として最大20万円を給付

・医療提供体制の強化 重点医療機関に対する病床確保・設備整備助成

・感染防止対策 抗原検査の導入や民間検査機関でのPCR検査体制の拡充など

 

また、コロナ禍の中、医療従事者や関係者などの「社会インフラ」を支えてくださっているエッセンシャルワーカー(生活必須職従事者)皆様に対する敬意と感謝の意を表する決議を決定しました。改めて、心から感謝と御礼を申し上げます。誠に有難うございます。

公明新聞掲載

6/16(火)付け公明新聞7面に掲載されました。

#公明新聞電子版

6月定例会

令和2年6月定例会は6/15(月)開会します。今議会会期中に限り新型コロナウイルス感染防止のため本会議場での採決時の審議以外はグループごとに委員会室において審議することにしています。

公明新聞掲載

本日6/9(火)付け公明新聞の7面に掲載されました。6月に入りこれから10月までが本格的な出水期です。コロナ禍にあって、備蓄品の点検・確保、避難所でのコロナ対策の推進、県内市町村をしっかりあと押ししてまいります。

新型コロナウイルス感染症に関する要望

埼玉県議会として6/2(火)、各会派から要望を取りまとめ、大野知事に提出しました。県議会は知事への要望を断続的に行います。

緊急事態宣言は5/25に解除されましたが、今後は第2波・第3派が懸念されています。

そこで、県民の皆さまには「新しい生活様式」をお願いしています。ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

安穏な日々が戻るその時まで公明党は全力で取り組みます。

※掲載写真は4/6に要望を行った時のものを使用しています。

公明党議員団が今回行った要望は以下の3項目です。

・国の第2次補正予算を積極的に活用し、県独自の家賃支援策を検討すること。

・地域の発熱外来PCRセンターに対する補助を11月以降も続けること。

・地域医師会が運営する「埼玉県新型コロナウイルス感染症帰国者接触者相談センター」に対する補助を11月以降も続けること。

防災施設視察

公明党議員団は6/3(水)、県内防災施設を3か所視察。視察先は県防災航空センターと中央防災基地、さいたまスーパーアリーナ内の災害備蓄倉庫です。

防災ヘリを運用して県民の安全と安心を守る、防災航空隊の日々の活動状況を確認、支援物資備蓄の現状を点検しました。

昨今は風水害や地震など自然災害が頻発しています。本県において、昨年10月の台風19号による河川氾濫が発生し、各地に大きな爪痕を残したことは記憶に新しいです。6月に入りこれから10月までの間、本格的な出水期を迎えます。

コロナ禍にあって、災害発生に備えた感染症防止対策を講じなければなりません。避難所の開設や運営、備蓄品の確保など、これまで以上のきめ細やかな対応が求められます。

公明党議員団としても、感染防止のためのマスクや消毒液、フェースシールド、段ボールベッドなど備蓄品目を見直しすることや十分な数の確保を推進してまいります。

私が県に質問して備蓄が始まった、医療用の弾性ストッキング。県内の防災基地5か所に備蓄されています。しっかりと確認出来ました。

続きを読む

公明新聞掲載

春日部市の荒木ひろみ議員との取り組みが5/29(金)付け公明新聞6面に掲載されました。

#公明新聞電子版

新型コロナウイルス感染症に関する要望

埼玉県議会は5/20(水)、各会派から要望を取りまとめ大野知事に提出しました。

緊急事態宣言が今月末まで延長されています。連日大変なご不便、ご心配をお掛けしています。また、長期にわたる不要不急の自粛要請に対する多大なご理解とご協力で感染者が大幅に減少しました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の状況は日々刻々と変化しており、県議会として知事への要望は断続的に行っています。

※掲載写真は2/20に行った要望時のものを流用しています。

公明党議員団が5/20に行った要望は以下の4項目です。

1、 介護施設、障害者施設に対する支援を下記の通り強化すること。

・入所施設内で陽性者が発生した場合、感染拡大防止対策ならびに医療スタッフや介護人材の補強について、県がリーダーシップをとること。

・施設内感染を防ぐため、感染の疑いがある職員や介助者については、PCR検査を優先的に受けられるようにすること。

・陽性者を受け入れている施設及び従事者に対して、医療機関に準じた協力金や手当などの支援を行うこと。

・訪問介護では濃厚接触者への対応もあり得る。必要な防護資器材を供給すること。

・利用者が減少している小規模事業者に対する経営面の支援を行うこと。

・人材不足が深刻化している。潜在有資格者の新規就労を促すために就職準備金を増額すること。

2、 内定を取り消された新卒者や家計が急変した学生などを支援するため、県として短期の非正規職員を早急に募集すること。

3、 現在、休止している運転免許証の更新および認知機能検査、高齢者講習につていは、再開後の混乱を回避する対策をおこなうこと。

4、 新型コロナウイルスの影響で減収となった文化芸術関係者に対する支援金給付を検討すること。

持続化給付金

持続化給付金の手続きする春日部会場(会場コード1105)が5/22(金)、春日部商工会議所に開設されます。完全予約制

 

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

 

https://counter.jizokuka-kyufu.jp/JK-180

https://www.jizokuka-kyufu.jp/doc/pdf/format.pdf

臨時議会

皆様には連日連夜ご心配やご不便、ご迷惑をお掛けしています。長期にわたる自粛要請に多大なご理解ご協力をいただき誠に有難うございます🙇‍♂️

 

春日部市議会臨時議会が5/22(金)10時に開会と伺っています。補正予算案には新型コロナウイルス感染症緊急対応として約12億円が計上されました。補正予算案は市から臨時議会に提出され審議される予定です。

 

https://www.city.kasukabe.lg.jp/oshirase/kinkyutaio.html...JE

春日部駅連続交差事業に関して

埼玉県は4/1、国が昨年12/17事業認可を告示した春日部駅付近連続立体交差事業の推進を図るため、春日部市役所第二別館2階に「鉄道高架建設事務所」を開設しました。市から派遣された職員と一体となって力強く事業を推進します。

 

そして、この度、県のホームページに「鉄道高架建設事務所」ページが出来ました。

https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b1016/index.html...POo

新型コロナウイルスに関する要望

埼玉県議会は5/11(月)、各各派から要望を取りまとめ大野知事に提出しました。

緊急事態宣言が今月末まで延長されました。連日大変なご不便をお掛けしています。また、この間の不要不急の自粛要請に対するご協力で感染者数が減少しつつあります。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の状況は日々変化しており知事への要望は断続的に行っています。

※掲載写真は2/20に行った要望時のものを流用、ご了承願います。

公明党議員団が本日行った要望は以下の4項目です。

・県として学校や公共施設、自粛要請した企業等の再開条件について目標を明確にし、県民にわかりやすく発信すること。

・軽症者を受け入れているホテルについて受入れ数、空室数を随時県ホームページなどで発信すること。

・社会福祉協議会の緊急小口資金については、据え置き期間が2年であったり、未成年は対象外、住民票が県内にないと対象外など学生にとってハードルが高い。生活に困っている学生が使えるように柔軟な運用を行うこと。

・埼玉県お持ち帰りグルメ応援サイトのさらなる周知を図るとともに、新たにデリバリーやテイクアウトに参入する飲食店などへ支援すること。