市会選・4日目

春日部市議会選は序盤から中盤へ。4/11(水)10:00から武里団地内で行った、中川あきら候補の街頭演説会です。

市議会での各会派間の調整役である議員団幹事長やカメラ店の社長・商店街の理事である中川候補は市民や地域活性化のため尽力しています。また、議長の要職にも就いていました。41人の候補者の中でも、ひときわ際立つ経験と実績です。

実績の一つが、小学生に図書館の春日部市読書通帳の導入です。子どもたちの大変な励みになっています。昨今、文字離れが叫ばれています。本を好きになってもらえるきっかけになれば、との思いで読書通帳を作成さました。読んだ履歴がひと目で分かる読書通帳です。

読書は人間形成の基礎となります。春日部市から、埼玉県、日本いや世界で活躍する子どもたちを輩出したい気持ちでいっぱいです。

市内小学校24校の児童数は約1.1万人のうち、6人に1人がこの通帳を持っています。